てっぺーのたんぶらー
じいさんがいつも言っていた。 「いいかぼうず、簡単にひっかかる女にひっかかるなよ」
s28 (via otsune) (via yasunao-over100notes) (via yasunao-over100notes) (via gkojax) (via mrgreed7) (via kanju-monoki) (via w210) (via yellowblog)

藤原:今、日本人は平均で1500万〜2000万円を残して死んでいるんですよね。「もしものときのため」というのがその理由だけど、その「もしも」は大半の人には起きない。

さらに面白いのは、平均的な日本人は、一生涯使う医療費の半分を死ぬ前の最後の2週間で使っている。要するに延命高度医療で。

うちの母親が私が熱を出して寝込むと必ずカツ丼を作る
「精のつくものを食べて早く元気になるように」っていう親切心らしいけど
39度とか熱のある時にそんな重いもの食べたくない
しかし普段家で揚げ物なんてしないのに一生懸命作ってくれたと思うと
いらんと言うのも悪いので食べる
そんで余計気持ち悪くなる

先月母が熱を出して寝込んだので、もしかしたら母は熱を出した時は
カツ丼が食べたい人なのかもと思って(だから私にも作るのかと)
「カツ丼作ろうか?」と聞いてみたら「熱のある時にそんな脂っこいものいらない」
と断られた
ちょっと母の神経がわからなかった
shoji:

「まさかの時の友こそ真の友」を表現したイラストが微笑ましいw:ぁゃιぃ(*゚ー゚)NEWS 2nd
fyfyfy:

なんだろうこの面白さ。これだけで前後が想像できる。この異常な不吉さ!

fyfyfy:

なんだろうこの面白さ。これだけで前後が想像できる。この異常な不吉さ!

私は、個人的には、甲子園を目指す子どもたちの練習ぶりや必死さを、日本で有数の新聞や放送局が、全社をあげて後援・称揚・美化・推薦している限り、ブラック企業はなくならないと考えている。  なぜなら、「甲子園的」な美とは、「決して手を抜かないこと」であり、「全員が一丸となること」であり「決して休まないこと」であり「常に全力を尽くすこと」だからで、そこにおいて目標とされているゴールは、あまたのブラック企業経営者が唱えている勤勉と献身と一体感の哲学そのものだからだ。

お前ら旅館の部屋ついたらなにしてる?

3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2014/01/24(金) 22:50:11.23 ID:/wuFfLS90
窓のそばにある謎空間でお茶

80 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2014/01/24(金) 23:11:26.78 ID:jhePNBx10
»3これ好きだったわ

85 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2014/01/24(金) 23:12:08.43 ID:Df5vqy/d0
»3
あのスペース最高だよな